イギリスに憧れブログ

ヨーロッパ(特にイギリス)に憧れ浮世離れしたことを考えてばかりいる人間の記録です。

ロンドンの地面はいつも濡れてて夜はキラキラしてて綺麗。「レジェンド 狂気の美学」(ネタバレあり)

 


Legend FULL SOUNDTRACK OST By Carter Burwell Official

 

イギリス的な意味でとってもグッとくる映画でした。

割とストーリーが荒いので万人にウケる映画ではないかもしれないけど、個人的にはかなり心揺さぶられる映画でした。

思わず一昨日、昨日と2日連続で観に行ってしまった。

 

ぐっときたポイント

1、トム・ハーディーの悪いやつなのになんか魅力的に見えちゃう演技。

2、大好きなロンドンの町並み。

3、エミリー・ブラウニングが感傷的、情緒不安定で勝手にシンパシー。

 

1は言わずもがなですね。普通にクズなんですけどなんだが魅力的に映ってしまう。

トム・ハーディーは体はかなり鍛えていて精悍で表情も強面な感じなんですけど、実はよーく見るとすっごい童顔だし笑った時なんておっとりした大型犬みたいなんです。

キングスマンでも思いましたが、スーツをパリっと着た男性が殴り合いをする時に髪が乱れる様は良いものですねw

あんな風に自分の家の前でトムハーディがスーツ着て待っててくれたらどうしよう?と無駄な妄想をしました。

レジーは端正な顔した美男子で、ロンは天才肌ゴリラ。

ロンの目周りのメイクが濃くって、マリリン・マンソンみがあった。

あのトム・ハーディーが。さすが、演技上手なんだなと思いました。

 

2、ロンドン好きにはたまらない景色ばかり。いつもパブにたむろってるのですが、あのイギリス独特の古いパブの内装とかやたらと紅茶飲んでたりとか、ケーキ食べたりとかそうゆうイギリス独特のカルチャーが描かれているのも良かったです。

ギャングスターなのに、パステルカラーでほっこりした花柄のティーカップでお茶してるのとかちょっと笑える。

トム・ハーディーのアクセントもイギリスみがあって良かったです。

私はアクセントについて細かいことまで分からないけど、エイミー・ワインハウスもあんなアクセントで話してた気がする。

イギリスに住んでた時、よく思ったのが夜に外出すると降った雨で地面が濡れていて光に反射して綺麗だなということなんですね。映画でも勿論地面が濡れてキラキラ光ってて懐かしくなりました。

あと、飛行機の音!

ロンドンに住んでる人は分かるー!って言ってくれると思うんですけど空港が近いせいか街で生活してると飛行機の音が日常になるんです。

この映画でも飛行機の音が入ってて切なくなるくらい懐かしくなりました。

 

3、エミリー・ブラウニング演じるフランシスは感傷的で塞ぎ込みがちな性格だったそうです。

部屋で悲しいレコードを聴いてたり、薬を飲んでるとこでもなるほどねって感じ。

割と内省的な子がなぜ、このようなギャングスターと恋愛関係になったのか興味津々。

ちなみに映画は彼女たちの仲が悪くなる過程をすっ飛ばしてたので、ちょっとびっくりしました。

え、レジー、さっきまで彼女にベタ惚れだったのに、ディスってる???みたいな。

60’sファッション素敵でした。印象に残ったのは紫のヘアバンドに黒のレースのワンピース。

f:id:fanny_brawn_2016:20160703224715j:plain 

 

あと、気になってたポール・アンダーソンが細くて雰囲気あってカッコよかった。

ポール・アンダーソンとトムハは仲が割といいらしい。

http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2698203/Tom-Hardy-Paul-Anderson-shoot-fight-scene-Legend.html

 

 

レジーとロン、どっちに感情移入するかって話だけど、私はどっちもにだなあ。

ロンは確かに支離滅裂でレジーの邪魔ばかりをしてるように見えるけど、ギャングとして全うに生きてる気もするし。

レジーの方が商才にタケてるけど、常識人くさいってゆうか。

だからロンの愛人ことテディ(タロンくんの演技もよかった!)もかなりイっちゃってるし。

 

そしてこの作品の余韻がすごかった理由の一つが音楽。

テーマ曲がトム・ハーディーやロンドンの街に合ってて映画を盛り立てててる気がした。

レジーが夜のロンドンを歩いてる時に爆音でこの音楽がかかった時は、レジーは今、どう思いながら歩いてるんだろう?と思ったら涙が出てきたもの。

 

早くDVDが欲しい!

来週も劇場に観に行ってしまうかも。