イギリスに憧れブログ

ヨーロッパ(特にイギリス)に憧れ浮世離れしたことを考えてばかりいる人間の記録です。

アメリカではプレタマンジェも違う。

f:id:fanny_brawn_2016:20160521225124j:image

この間15年ぶりにアメリカに行ってきました。NYCへ。
ここ10年は常にヨーロッパばかり行っている私。
同じ英語圏でも、ロンドンとNYは全然違う!
興味深かったです。
 
感じたことをなんとなくつらつらと。
  •  SorryじゃなくてExcuse meって言う。学校で英語を勉強した時にちょっとすみませんみたいな事はExcuse meって言うと習いましたよね。しかしイギリスに行ったらみんなSorryって言ってました。。違うじゃん!て思ってたんですけど、アメリカではみんなExcuse meでした。つまり学校の英語はアメリカ英語だったってことですね。
  • お会計の時にCheersって言わない。イギリスにいる時になんとなく覚えた単語。Cherrs。お会計した時にお客さんがThank you cherrsみたくよく言いますよね。どうもみたいなニュアンスで。私はこのフレーズをネイティブの友達が使ってるのを隣で聞き、覚えたんですけどアメリカでこのフレーズを言っている人には出会いませんでした。7年NYに住んでる友達に聞いても、言わないって言ってました。
  • 買い物すると紙袋に入れてくれる率が高い。イギリスだとフツーのビニール袋が多い気が。小さい頃、映画で買い物をして紙袋を持って歩くシーンに憧れたので、実現できてうれしかったです。
  • 洗濯機がキッチンじゃなくて地下室にある場合が多い(フラット(アメリカ式で言うとアパートメントか)の場合)ステイしたアパートメントはどこも地下室にあってプリペイド式でした。一家に一台、キッチンの下に洗濯機がついてるイギリスとは違うなーと思いました。
  • 紅茶が売ってない!!!!!!!!!!スーパーに行ってもイギリスのように紅茶が売っていないのに衝撃を受けました。イギリス人、アメリカにもたくさん住んでるよね?イギリス人、紅茶がなきゃ生きていけないよね??どうしているの??その代わり、さすがコーヒー天国、アメリカ。プレタマンジェにも本国イギリスでは見られないようなコーヒーの種類の充実っぷりです。